www.ciclonomade.net

破産宣告をする人で自分の債務に対しその保証人となる人を立てているときには、きちんと相談しておくべきです。ここで、強調しておきますがほかに保証人が存在するときは、破産宣告の前段階によく考えた方がいいでしょう。というのはあなたが破産申告をして免責されると補償する立場の人があなたが借りた返済義務をみんな背負う義務があるからです。なので、自己破産の前に保証人となる人に今までの内容とか現状について報告して、謝罪をしなくてはならないでしょう。これは保証人になってくれた人の立場で考えると当然必要なことです。あなた自身が破産申告するために、結果的に数百万ものローンが生じてしまうわけですから。そうすると、そのあとのその保証人の選べる道は4つあります。まず1つめですがあなたの保証人が「全額弁済する」ことです。保証人自身がそれら多くのいともなく返済できるぐらいの現金を持っているならば、できます。ただその場合はあえて自己破産せずその保証人に借金して、自分は保証人である人に月々一定額を返済するという選択肢もあるのではないかと思います。保証人がもし借金をした人と信頼関係にあるのならばある程度期日を繰り延べてもらうこともできるかもしれません。それにひとまとめにして弁済できなくともローン業者も分割に応じるものです。その保証人にも債務整理をされてしまうと、債権が一円も弁済されないことになるからです。保証人がもしそれらのお金を代わって背負う財産がない場合はお金を借りたあなたとまた同じく借金の整理を選ばなければなりません。2つめが「任意整理をする」ことです。これは貸金業者と相談することにより3〜5年のあいだで弁済する方法になります。実際に弁護士事務所に依頼するにあたってのかかる経費は1社につきおよそ4万円。もし7か所からの借金があるならだいたい28万円かかることになります。確かに債権者との話し合いを自分でやることもできないことはないかもしれませんが債務処理に関する経験も知識もない素人の場合債権者が確実に有利な和解案を勧めてくるので、慎重である必要があります。それと、任意整理してもらうという場合も保証人となる人に借り入れを代わりに払ってもらうわけですから、借金をしたあなたは少しずつでも保証人に返済していく義務があるでしょう。3つめは保証人となっている人も破産した人とともに「破産宣告する」という選択肢です。保証人となっている人も債権者と同様に自己破産をすれば保証人である人の借金も帳消しになります。ただし、保証人がマンション等を持っているならばそういったものを没収されてしまいますし司法書士等の仕事をしているのであれば影響を受けてしまいます。そのような場合、個人再生による手続きを検討するといいでしょう。最後に4つめの方法は、「個人再生という制度を使う」ことができます。不動産を処分せずに借金の整理をする場合や、破産宣告では影響が出る職業にたずさわっている場合にふさわしいのが個人再生制度による整理です。この方法なら自分の住宅は処分が求められませんし、破産申し立てのような職業の制限、資格に影響する制限等は何もかかりません。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.ciclonomade.net All Rights Reserved.