www.ciclonomade.net

クルマを売却する時、また売却手続き時も印鑑証明が必要です。この印鑑証明について説明していきます。印鑑証明書とは、ある印鑑が実印であることを実証する目的の正式な書類です。印鑑証明書がないのであれば、その印鑑について実印として効力を持つという事実が実証できません。高額な売買になる愛車の売買なのでどうしても実印が必要ですが、それと一緒に印鑑証明というものが必要となるのです。役所で印鑑証明を発行するためにはあらかじめ印鑑証明をすることが必要です。印鑑証明書に登録する印鑑は普通、実印といい、世界で唯一のはんこである必要があります。印鑑を用意して自分が住む役場の案内係に行くことで、印鑑登録の手続きができます。印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードが発行され印鑑登録手続きをした印は実印として認められたということになります。印鑑証明を発行してもらうためには、市役所などで、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を記載して、印鑑登録カードを出すだけです。それから自動交付機で印鑑証明を交付してもらうことができます。印鑑証明には期限切れなどはありません。そのためいつの印鑑証明だとしてもその効力は消えないということです。しかし、クルマ買取の際には必要となる印鑑証明は3ヶ月以内に発行された書類である必要があります。普通は有効期限などはありませんが、自動車の買取の時は、相手側が期限を定めていますので、仮に売却を予定しているのならば用意しておく必要があります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.ciclonomade.net All Rights Reserved.