www.ciclonomade.net

自己破産をしたとしても公的機関から家族や親類に直々に電話がかかるといった類いのことは考えられません。よって親族には露見してしまわないように自己破産の申告が不可能とは申しません。ただ実際には、自己破産の手続きを行う時に同居中の親族の給与を証明する書類や銀行の通帳の写しなどの書類資料の提出を求められるということがありますし、貸し主から家族へ電話がかかる場合もありますので、知れ渡らないように自己破産の申立てがすることが可能だという100%の確証はないと思われます。無理にわからないようにして後になって事実が知れ渡ってしまうことと比べれば、最初の段階で偽らずに話して家族全員が協力し合って自己破産手続きを克服する方がよいでしょう。その一方、一緒に住んでいない家族や親類の方が、自己破産申請をしたのが知られてしまうことはまずありえないと理解しても良いでしょう。妻(夫)が負う責任を消失させることを主眼として別れることを図る夫婦もいらっしゃるようですがそもそも、婚姻関係を結んだ間柄だと書類で認められていも法的には連帯保証の名義人を請け負っていないということであれば法律の上では支払義務は発生しません。しかし、書類上の(連帯)保証人になってしまっている際はもし離婚を行ったとしても責務に関しては残存してしまいますと認められるため支払に対する強制力があると考えられます。つまり婚姻関係の解消を実行したとしても未返済金などの債務の支払に対する強制力が斟酌されるというようなことはないのです。また、現実として借入先が自己破産申請者の家族に支払の督促を行ってしまう場合もありますが保証人や連帯保証人になっていないケースであれば親子間又は妹と姉の間という類いの家族や親族間の借金について借りた張本人以外の家族や親族に法的な法的な支払義務はあり得ません。それ以前に債権をもつ取引先が法的な支払い義務を持たない親族の人に向けて取立てを実行するのは貸金業規制法を参照する上での金融庁の実務規則の中で固く禁止されているため催促の方法により貸金業の規制法の催促の規制にそむくことになります。したがって、支払に対する強制力がないにも関わらず借入者の家族が督促を受けたならば、貸し主に対して催促を止めるよう通告する内容証明の郵便を送ると良いでしょう。人によっては借りた人当人がとてもいたたまれないからと思うが故に借り主以外の近親者が借金を代理として返すということも聞きますが借り手本人が幸運に自立の心を忘れて多額の借金を繰り返してしまうことがよくあります。したがって、借りた本人心情を考えたら酷なようですが自分自身の力で借りたお金を返させるか、そのようなことが現実的でないようであれあば自己破産の手続をさせる方が借入者本人の今後の生活をまっとうするためには良いと思われます。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.ciclonomade.net All Rights Reserved.