よく見かけるのが

「スプレッド」とは外為は二国間の通貨をトレードして収益を稼ぐ商取引です。

買ったり売ったりの値段は上下しています。

これがレートです。

ラジオを聞いていると、外貨のマーケットのニュースが流れるケースがあります。

よく見かけるのが、「今日のドルは80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを示しています。

別の言い方をすると、トレードには買いと売りの両方の価格が存在する事を示しています。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表現しているFX取引会社も存在しています。

いつもは売値の方が買値よりも低く決められています。

あなたが買うときには高く、売るときには安くなるはずです。

その差をスプレッドといいFX業者の収益のひとつといわれています。

スプレッドの狭さはFX業者によって変わります。

スプレッド幅は利用者にとって支出となるので低い取引業者をセレクトしたほうが有利になります。

ただし、同じFX取引会社でも場面に応じてスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。

仮に日常的にはドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドであるとしても、為替の上下動が大きいケースでは広くなったりする場合があります。

という訳で、スプレッドの幅が狭いのと固定しているのが不可欠です。

現在では動かないスプレッドの狭さを表示する業者も多数あります。

現実に取引会社の注文画面内で現実の為替相場を確かめなければわからないので億劫ですがとても大切なことです。

多額のお金を投じて売買をするのだから、リアルなトレードの前に、心惹かれたFX業者の取引口座開設をどんどんして示されているスプレッド幅を確認しましょう。

同じ通貨の組合せ、マーケットの状態によって、外貨のスプレッドの差は変わります。

いつもは銀行間取引市場で流動性の高い通貨ペアではスプレッドの幅が小さく、この他の外貨では広がる事が多いです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.ciclonomade.net All Rights Reserved.